地震の予測ができれば被害を最小限に押さえられる

作業員
作業員

知っておきたい情報

地震予報では、震源地と自分の身の周りの距離を把握してから、行動をとり対処していく必要があります。また、あらかじめ自分の家の地盤についても調べておくことが重要です。現在では簡単にインターネットなどでこまめに確実な情報を手に入れることができます。

ヘルメット

大震災の発生予想

地震予知を参考にする場合に気をつけたいのは、発生確率が低いからといって軽視しないことです。確率の低い大地震が明日起きる可能性もあるからです。近年の予知方法は、活断層をチェックして周期を割り出すものが重要視されています。

被害を抑えるために

男性

避難を簡単にする

地球の表面にあるプレートで覆われた日本は、わずかなズレから発生する地震によって毎年のように被害を受けることがあります。文字通り地震大国と呼ばれる日本だからこそ慣れてしまいますが、大きな揺れがあるとどうしても被害が大きくなります。地面の揺れだけでなく津波などの二次災害が起こることもあるので、予め予測ができるとしたら避難も簡単になることは間違いありません。過去には福島や熊本など大災害が起こった経験から、被害を最小減に抑えるために予測しようとする研究者も多いようです。発生する場所や深さ、地質などの条件がからんでいるため、実は地震がいつ、何処で発生するかを予測するのは難しいと言われていますが、不可能ではないというのが現実です。

心構えをしておこう

現在は完全な予知というものはできませんが、条件を満たすことである程度の予測を導き出すことは可能となっています。過去の大災害を経験した日本では、こうした予測の内容をホームページなどで公表し、パソコンやスマートフォンからでも確認することが可能となっています。天気予報と比べるのはおこがましいかもしれませんが、その精度は徐々に高まりつつあるので、最初から起こり得ないと考えるより、地震がもしかしたら起こるかもしれないという心構えがあれば、いざという時でも慌てることはないはずです。そして避難経路の確認、防災グッズの用意、持ち出すものを予め決めておけば避難もスムーズに行えるので、大災害の被害からも最小減に抑えることができるでしょう。

困る人

備えあれば憂いなし

地震列島に住んでいるということを実感し、情報を常に集め、災害を予測し、家族を守っていく。それがすべての平和や幸せに直結するということでしょう。防災グッズや各種サービスを利用し地震に備えましょう。