地震の予測ができれば被害を最小限に押さえられる

メンズ
  1. ホーム
  2. 知っておきたい情報

知っておきたい情報

作業員

地震予報で知っておくべきことは、どこを見なければならないのかといえます。地震予報が出ると揺れの強さなどを確認して危険かそれとも安全かなどと判断しますが、最も重要なのは震源地といえるでしょう。地震発生の震源地からどれだけ離れているか、どれだけの深さがあるのかといったことが報告されるはずなのでしっかりと確認することが重要です。揺れが小さくても震源地に近ければ反動は大きいこともあるからです。また、予報が出る前にあらかじめ家の周辺の地盤なども調べておくのも肝心です。地盤がゆるければ緩いほど地震が起こった時に家が傾いて住むことができなくなってしまう可能性があります。予報が出てから慌てず冷静に対処することが命を守ることにつながります。

地震予報や速報などは簡単にインターネットなどで個人や会社などが運営しているサイトで見ることができます。科学的根拠に基づき大学の名誉教授などが現在までにいくつかの地震予知を行っており、ニュースや新聞などでも取り上げられました。サイトなどは無料で閲覧可能なところが多く、数週間や数日で更新されるのでこまめにチェックすることができます。また、電子観測点などで記録も取っており、半島内での地震発生率についてなども言及しており、SMSなどでも詳しく意見が述べられており分かりやすく正確なものとなっています。気象変化、異常気象なども多く発生し観測しがたいようなところでも調査が行われており数十人体制のところもあるので信頼性にも優れています。