地震の予測ができれば被害を最小限に押さえられる

メンズ
  1. ホーム
  2. 備えあれば憂いなし

備えあれば憂いなし

困る人

火山列島日本

東日本大震災を経験し、私たち日本人はなにを学んできたのでしょうか。日本は環太平洋火山帯の真上に位置する国であるという事。火山帯の真上にある国であると言う事。つまり自身がいつおきてもおかしくないと言う事。毎日日本のどこかで地震が発生していると言う事。それらの事実をふまえて様々な情報を収集し、自分の住んでいる地域の災害時の対処の仕方を自分なりに予測していくことが大事になって来ます。高層階に住んでいる人が多いと言う事もあり、地震に関する情報を常にアンテナを張って収集し、あらゆる事態に対処する方法を予測しておくことです。マスコミの情報もしかり、ニュースに敏感になっておくことも大事なことのひとつです。

キーワード

地震列島の真上に自分たちが住んでいるということがキーワードになってきます。いまやネット社会ですからニュースもネットでの情報収集も瞬時にどこに居ても可能です。それらの情報を総合して自分で判断していくのです。自分なりの予測もしていける様になりたいですね。また、様々なグッズがショップで販売されており、どれも防災に効果的なものです。日頃使用しているスマートフォンにも、緊急地震速報を知らせてくれるサービスが存在します。急な地震による被害を最小限に抑えるために非常食を用意しておくことも大切なことでしょう。乾パンのような長持ちする製品であることが非常食には望まれます。来るかもしれない災害を予測しこれらのサービスや準備を整えておくことで、災害対策がより万全なものになります。